システムエンジニアのリーダーが抱える苦労

システムエンジニアのリーダーとなれば、様々な苦労を抱えます。まず日常の業務の他に、常に勉強が必要です。技術進歩が早く、あらゆる情報に精通する必要があります。それを元にクライアントへ最善の提案をすることが求められるからです。そしてそのクライアントとのやり取りも苦労のひとつとされます。プロジェクト立ち上げの際に、まずは仕様書をまとめます。そこにはクライアントからの要望が記載されます。けれども実は、その段階ではクライアントは明確な要望を持っているわけではありません。これから開発するシステムの姿を想像することができないからです。そこでシステムエンジニアが、自らの持つ知識を提供してどんな仕様にするのかを決めるわけです。

この時点でのヒアリングが不十分であると、開発途中で大幅な設計の修正ややり直しが発生します。そのような事態となれば、メンバーの不満も蓄積されてモチベーションも下がります。いかにメンバーに負担をかけずに済むかも、リーダーが取り組むべき仕事です。そしてそのメンバーともまめにコミュニケーションを取ることが必要です。コミュニケーションが苦手なリーダーは、そこで大きく負担を感じることになります。けれどもチームワークを良くしたり、スタッフそれぞれの能力を最大限に引き出すためには、しっかりとコミュニケーションを取ることが大事です。このような様々な苦労を抱えながらも、システムエンジニアは利益率を高めるためのマネジメントを行うことを求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です