リーダーの立場で仕事をすることの面白さ

プログラマーの中には、システムエンジニアの仕事が面倒だと考えている人もいます。キャリアアップするとプログラミング以外の業務内容が増えるため、プログラミングの業務に集中できません。スペシャリストを目指すプログラマーは、キャリアアップせずにプログラミングの仕事を続けています。しかしシステムエンジニアになれば、これまでとは違う仕事の面白さを感じながら仕事ができます。リーダーの立場に立って仕事をするというのは、そこに特別な面白さがあります。上位職に就くと職場での強い権限を持つようになり、自らが決定したことが大きな影響力を持ちます。人の上に立つ立場になると責任は従来より重くなる一方で、仕事のやりがいは格段にアップし面白さが増します。重要な立場に立ってやりがいある仕事がしたいエンジニアには、キャリアアップを目指すのが向いています。

ただしリーダーの立場に立てば、プログラマー時代とは方向性の異なるスキルを身に付けなければなりません。人心掌握術についても、この職業に就くと必要になります。開発スタッフと良好な人間関係を築き開発プロジェクトを順調に進めるためには、人の心を掴む能力が欠かせません。プログラマーとして働いていた頃とは勝手が違うため、初めは仕事で戸惑う面も多いです。しかしシステムエンジニアの仕事に慣れてきてスキルも身に付いてくると共に、思い通りに役割をこなせるようになって仕事に面白みが感じられます。
キャリアプランを考えるべき時期に到達した方が知っておくと便利な情報は《システムエンジニアのためのリーダー論》というサイトから得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です